サイトのSSL化にトライしてみた!寝ログさんの詳しい解説に感謝

こんにちは。今日はこのサイトをSSL化した話です。「SSLってなんだそれ?」と思った方、ナカーマです。サイトを始めてからというもの気になってはいたけど、SSLの意味がよくわからなくて今まで手をつけずにいました。上の写真の緑色の文字で「保護された通信」「安全な通信」となっていてアドレスがhttpsから始まっているので、このサイトはSSLに対応したサイトということになります。

SSLとは?

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、インターネット上で行われるあらゆる通信を暗号化してセキュリティを高める技術のことです。

ん?ナンノコッチャ、となりませんか? つまり、通信を暗号化しているから安全な接続、となるわけですね。うーん、でもまだイマイチよくわかってないぞ。

ブログを始める前なのでこれも知らなかったんですけど、Googleが2014年に「SSL化したサイトを優先してインデックスする」と発表したんですってね。

Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。具体的には、HTTP ページに対応する HTTPS ページのクロールを開始します。これは、対応する HTTPS ページがどのページからもリンクされていない場合にも対象となります。同じドメインの 2 つの URL が同じコンテンツを掲載していると思われ、かつ、両者が異なるプロトコル スキームで配信されている場合、通常、以下の条件を満たしていれば HTTPS URL を選択してインデックスに登録します。

今回の取り組みにより、ウェブの安全性がさらに高まることを嬉しく思います。Google 検索結果で HTTPS ページを表示することにより、Google では、セキュアでない接続を介してウェブサイトを閲覧してコンテンツ インジェクション攻撃を受けやすくなるリスクを減らしたいと考えています。

引用元:Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleはセキュリティ対策が課題と公言しているので、安心して使える検索エンジンにするためにサイト全体のセキュリティを高めたいのですね。Google ChromeのブラウザではSSLに対応していないページに勧告を出すようになっています。これからのサイトはSSL化が必須!というのはだんだんとわかってきました。

実際の手順は?

しかし、

どうやってやるの?

さっぱりわからない状態です。SSLがなんなのかも実際よくわかっていないのに、httpからhttpsに変更なんてできるんだろうか。不安が募ります。そんな時、検索してたどり着いたのがSimplicityの作者さんの寝ログのこの記事です。(写真にリンク貼ってます↓)

エックスサーバーでSimplicityを使っているので、この通りにやっていきました。このブログはまだ記事の量が少ないのでリンクを見直す箇所が少なくて済みました。ChromeとFirefoxで確認したのみですが、一応SSL化できたんでしょうか?URLはhttpsになっています。

思っていたよりはスムーズに進みました。写真入りで大変わかりやすく説明してくださっているので、素人の自分でもなんとか作業できました。周りに聞ける人もいないので、こういう親切な解説があって本当に助かります。寝ログのわいひらさんはコメント欄の質問にも丁寧に答えていらっしゃるので、本当にすごいなぁと尊敬します。

もう一度SSL化の記事を読んでいたらまだ完了していない作業もあったので、今から取り掛かります。わいひらさん、ありがとうございます!!!

まとめ

これからはSSL化されたサイト優先でGoogleはインデックスしていくと宣言している。httpからhttpsに変更していく必要がある。SSL化の手順は順を追っていけばそこまで難しくないが、慎重にバックアップを取りながら進めていく必要がある。エックスサーバー環境の人ならば、わいひらさんの寝ログ「WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)」を参考にすべし。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告