熱狂ライブコマースってなに?2018年トレンドヒット予想2位

日経トレンディ2018年ヒット予想の第3位は疲労回復ジム、第2位は熱狂ライブコマース、第1位はAIスピーカーでした。第3位と第1位は想像がつくのですが、第2位の熱狂ライブコマースってなんのこと?状態だったので興味を持ちました。調べてみました。

熱狂ライブコマースとは?

簡単に言うと、ライブ配信で商品を売る、テレビショッピングのネット版のようなものです。中国では大変人気で既に熱狂ライブコマースが浸透しているそうなので、日本にも流行しそうですね。インスタでもインスタライブ、Twitterでもツイキャスなどのライブ配信がありますが、一般の人でもフォロワーに向けてライブ配信するのに抵抗がない時代が来ているのを感じます。現状では、インスタグラマーやインフルエンサーの人たちがオリジナル商品を生中継で販売する形が多いようです。

メルカリチャンネルのライブフリマ

あのフリマアプリのメルカリです。メルカリチャンネルを立ち上げました。現在はランダムに選ばれた一般ユーザーが配信できるシステムになっています。

メリットとしては、配信を見ながらその場で買える配信者が見えるので安心ライブチャットで質問をすることができるので商品について詳しく聞ける、などがあります。ライブ感って大事ですよね。テレビ番組でも生放送の方が臨場感があって盛り上がるのと同じように、ライブ配信ならではのリアルタイムでの一体感が購入意欲にもつながるのではないかと思われます。

BASE LIVE

ECプラットフォームのBASEが提供するライブショッピングBASE LIVEも2017年9月からサービスをスタートしています。ショップ作成サービスに登録する店舗が、商品や店をライブ配信で紹介できます。BASEライブの配信料は無料で、1配信につき15分。店舗をフォローする顧客との間でコミュニケーションを取ることができる。

ハンドメイドのLaffy

LaffyはDeNAが運営しているハンドメイド作品のライブコマースです。「作りながら売ろう」をコンセプトに展開しているところがオリジナリティですね。作品の制作過程って見てみたいと思いますし、「どうやって作っているんだろう?」と興味を惹かれるので、ライブコマースのメリットを十分活かせると思います。

まとめ

ここで紹介した3つ以外にもライブコマースのメディアはあります。僕としては、Laffyの展開の仕方がいちばん気になりました。「〜ができるまで」みたいな動画がもともと好きなんですよね。メイキング映像とか。ハンドメイド作品の制作過程を見られるというのは、同じ買い物するにしても愛着を持ちやすいですし、見ているうちに欲しくなっていくと思うので、Laffyのライブ配信を実際に見てみたいと思いました。

2018年は一体どんなサービスが注目されるのでしょうか。気になりますね。熱狂ライブコマースの動向にも注目していきたいと思います。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告