人はどうして夢を見るのか?夢の役割を調べてみた

睡眠中によく夢を見ます。夢って不思議ですよね。どんな夢を見ているのか目覚めたときに覚えていますか?僕は結構覚えていることが多くて、映画みたいに長いストーリーの夢を見たりします。(眠っている時間が長いからだと思う)今日は夢の役割について調べてみたいと思います。

夢のメカニズム

メカニズムについては不明確な部分が多く、研究対象となっています。夢は浅い眠りのレム睡眠の時に見るとされていて、ノンレム睡眠の時には見ないと以前は考えられていましたが、最近の研究ではノンレム睡眠時にも夢を見ているという説が出てきました。

 「夢見睡眠」としてすっかり有名になったレム睡眠だが、実はノンレム睡眠中にも我々はかなり夢を見る。ノンレム睡眠中でも20~60%ほどの被験者は夢を見ていたと答える。レム睡眠中よりは低いとはいえ、かなり高いと思いませんか。

引用元:夢は「レム睡眠」のときに見るのウソ|日経スタイル

この記事の著者三島和夫医学博士によると、夢には濃淡があり、レム睡眠の時に見た夢は鮮明で込み入ったストーリー性のある夢が多いそうです。一方、ノンレム睡眠の時に見た夢はもう少し曖昧でぼんやりとした断片的なイメージのものが多いのだとか。

レム睡眠とノンレム睡眠の夢にはナゼ濃淡が生じるのであろうか。そのヒントはものを考える脳である大脳皮質の活動レベルにある。

睡眠中は大脳皮質の活動は低下するが、レム睡眠時には大脳皮質が活発となり、脳波も覚醒時に近い波形になる。下等動物でもみられるレム睡眠の最大の目的は「体を休める」ことであり、外敵が近づいた時に反応しやすいように脳活動は比較的高めに維持されている。人でもその名残があるのだ。レム睡眠中の鮮明な夢は活発な大脳皮質活動によって作られているのだ。

引用元:夢は「レム睡眠」のときに見るのウソ|日経スタイル

レム睡眠、ノンレム睡眠とは?

睡眠中は眼球はゆっくりとした動きを示す。急速眼球運動(Rapid Eye Movement)の頭文字をとってREM sleep(レム睡眠)と呼ぶことにした。それ以外の睡眠はNon REM sleep(ノンレム睡眠)と命名された。

大脳皮質とは?

大脳の表面に広がる、神経細胞の灰白質の薄い層。知覚、随意運動、思考、推理、記憶など脳の高次機能を司る。

夢の役割

  • 記憶の整理
  • ストレス解消
  • 潜在意識の投影

レム睡眠時に、記憶と学習に関わる扁桃体や海馬が活動することで、情報の整理、記憶の定着が起こっています。夢を見ながら記憶の整理をしているのではないか、と言われています。

抑圧された欲求を夢の中で実現することでストレス解消に役立っているのでは、という説があります。

眠っている間に潜在意識が夢に投影されて、その夢からヒントや新たなアイデアを得られる場合もあります。

参考:夢には3つの役割がある!夢を見るメカニズムと夢を記憶する方法とは?|ネルコト

まとめ

「人はどうして夢を見るのか?」の疑問に対する明確な答えは現在のところまだないのだということがわかりました。研究段階だということですね。ただ、夢には重要な役割があって、必要だから夢を見ているんだということもわかりました。僕は夢の中で食べ物を食べている夢を見ることがあるんですが、夢の中は味がしないんですよね。味がしない時に「あ、これ夢かも」って気づくんですが。半分起きている状態で見ている夢も多いなぁと思います。テレビがついていて、目は閉じているんだけど、聞こえてくる音声に影響された夢を見たりしますからね。本当に夢って不思議だなぁと思います。「ときめきトゥナイト」という漫画の中で、夢を映画みたいに上映するっていうシーンが出てくるんですが、子供の頃、実現してほしいなぁと思ってました。これから先、夢についての研究がどんな風に発展していくのか興味があります。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告