やる気が出ない時に試してみよう4つの方法

こんにちは。随分と投稿の間隔が空いてしまいました。インフルエンザになってから回復はしたのですが、毎日更新する意欲を失ってしまったのか、情けないことにストップしてしまっていました。こんなことでは目標を達成できないどころかブログを継続することすらできないですよね。今日から気持ちを入れ替えて頑張りたいと思います。

と言っても、一度失ったやる気を回復させるのは簡単なことではないですね。なかなか、「やる気が出ない」「物事に取りかかれない」そんな今まさに僕がはまっている状況を脱するためにどうすればいいのかを今日のテーマにします。

とりあえず始めてみる

やる気が出ない時というのは、そのことに取り掛かるまでのハードルが高くなっていて、やりたくない気持ちが大きくなっています。やりたくない、逃げたい、何もしたくない。わかります。超ネガティブなんだけど、一度そのループにはまってしまうとなかなか抜け出せません。嫌々でもとにかく始めてみることで最初の一歩は踏み出せます。作業を始めているうちに「やる気」が出てきて、意外と先へと進められてしまうことはよくあります。始めてみたら、始める前よりは進むはずなので、ほんの少しでも進めたらそれは進歩です。やる気のない状態の時に「取り掛かっただけ偉いぞ、自分」と褒めてあげましょう。意外とその積み重ねで行けたりするものです。今日の僕のブログがそんな感じです。書き始めるまでが本当に大変でした。

一度にたくさんのことをしない

やる気がない時には作業効率は一気にあげられませんので、一つのことに集中してみましょう。そんなに器用にできないのが普通です。一度にたくさんしようとすると、今からすることがとてつもなく大変なことに感じられてますますやりたくなくなります。まず、やれそうなことから手をつけていきましょう。「簡単そうだな、やってみるか」と思えるようにするのです。

睡眠をとる

もしもすごく体が疲れていてやる気が出ない状態にあるのだったら、一度ちゃんと寝て回復してから取り掛かるのも一つの方法です。昼寝だったら時間を決めて、寝過ぎないようにしましょう。疲れている時に無理やりやろうとしても効率も悪いですし、ますます疲れが取れません。睡眠は大事です。

体を動かす

取り掛かる前に、体を動かしてみるのもいいかもしれません。体が凝り固まっていては脳にも刺激がいかないし、やる気も湧いてきません。リフレッシュするのが必要なのかもしれません。ラジオ体操をしたり、腕を回してみるだけでも違います。よかったら取り入れてみてください。

まとめ

どうしてもやる気が出ない時はあります。やりたくない、逃げたい、放り出したい、そんな時に、どこで折り合いをつけて取り掛かるのか、本当にやめてしまうのか、結局は自分次第です。ただ、意外とやってみたらそんな大変でもなかったーということは実際にはあります。取り掛かるまでがとにかくうだうだダラダラしてしまうのが人間なんだと思います。僕みたいな人間は特に。今日は完全にやる気を失っていましたが、「とにかく始めてみる」で切り抜けられたように思います。ありがとうございます。こんなブログですが今年もよろしくお願いいたします。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告