インフルエンザA型になってました【症状の記録】

とうとうブログを休んでしまいました。あんなに目標に掲げていた「毎日更新」がストップしてしまいました。本当に残念です。休んだ理由はインフルエンザです。熱がどんどん上がっていき、身動き取れなくなってしまいました。ウィルスには勝てないですね。今日は、皆さんご存知とは思いますが、インフルエンザに掛かった者として、症状を記録に残しておきたいと思います。

最初は筋肉痛?から

前日に珍しく普段しないようなスポーツを軽くしたことから、筋肉痛になったとばかり思っていました。実際筋肉痛の症状もあったと思うのですが、今振り返るとインフルエンザの初期症状でもあったのかな、と思います。この時点では発熱はまだしていませんでした。体のあちこちが痛いというのが症状でした。

歯茎の腫れ、喉の痛み

次の日に起きた時には左の歯茎が腫れていて喉にも痛みがありました。ここで風邪かな?とも思ったのですが、歯茎の腫れからきているのかな?とも思いました。熱は測りませんでしたが、ご飯を食べるにも歯茎が腫れているので痛くて食べづらかったです。今思うと、発熱していたんだと思います。

発熱

また翌日、熱を測ると38度台でした。市販の風邪薬を飲みました。食欲はあるものの、おかゆやアイスクリームでないと、喉を通りにくい状態で、しんどくて寝て過ごすことになりました。一日を通して38度台、夜中には39度台になりました。

40度、病院へ

熱が高くなってただ寝ているのも辛い状態に。体温計は40度以上測れないタイプなのか、40度を何回も記録するようになり、いよいよインフルエンザの疑いが濃くなってきました。お正月なので病院は開いていないしで悩みましたが、親戚の看護師さんに相談すると「早く病院に行ったほうがいい」とのことで救急で受け入れている病院へ行きました。病院に着いて熱を測ってインフルエンザの検査(鼻から検査、結構痛い)をして、「インフルエンザA型です」と診断されました。点滴してもらってお薬もらって帰ってきました。タミフルと熱冷ましを飲んですぐに効くのかと思えばその日の夜も39度台をうろうろしていて辛かったです。

やっと熱下がり始める

次の日、まだ体の節々は痛むし、喉も痛いしで、完全に病人状態ですが、高熱からは解放されました。熱が下がると、だいぶ体が楽にはなってきます。それでもしんどいのはしんどいので寝て過ごしました。

回復し始める

まだタミフルを飲んでいます。熱は36度台平熱になりました。起き上がってパソコンもできるようになりました。それが今日です。ここまで6日間です。やっぱり熱が40度になった時が一番辛かったですね。本当に一人では何もできない状態です。

まとめ

今回、病院へ行くタイミングが少し遅かったかもしれないですが、(お正月期間だったため)病院へ行って本当に良かったです。インフルエンザは侮ってはいけない病気です。疑いのあるときは病院へ行きましょう。高熱は本当に辛いですね。健康にはくれぐれも気をつけたいと思うような年始の出来事でした。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告