日本で唯一IMAX次世代レーザーシアターを体感した話

初めてIMAXで映画を観てきました!「スターウォーズ/最後のジェダイ」です。(この記事内では映画の内容については触れません)日本で唯一IMAX次世代レーザーの劇場109シネマズ大阪エキスポシティで体感してきました。巨大スクリーンのサイズは高さ18m横26mで日本最大級。とにかく画面が大きくて映画の中に吸い込まれたような感覚で観ることができます。すごい迫力の映像体験でした。

IMAXとは?何がどうすごいのか?

映像がすごい!

2台のデジタルプロジェクターを使用していて、驚くほど鮮明で高品質な映像を実現しています。映画の中の世界に自分が入り込んだかのような感覚で、映像を観ることができました。床から天井、左右いっぱい広がる大型スクリーンに映し出される映像が本当に美しくて精度が高かったです。

音響がすごい!

独立した5つの音声チャンネルを持つ専用スピーカーや高度なチューニングシステムによって、どの席に座っても理想のクリアサウンドが味わえるようになっています。音の迫力がとにかくすごいので、予告編からドキドキしました。迫力ありすぎて、ホラーは怖くて見られないと思いました。

参考:IMAXとは?|109CINEMAS IMAX

IMAX次世代レーザーって?

そんなすごいIMAXの中でも、大阪エキスポシティの109シネマズは日本唯一のIMAX次世代レーザーの劇場だというので、何がどれだけすごいのか気になります。

日本最大級の高さ18m×横幅26mの巨大スクリーンに、最新鋭の4Kツインレーザープロジェクターによる驚くほど鮮明な映像12ch次世代サウンドシステムが生み出すかつてない臨場感。映像も音響も理想的にアップグレードした日本初の「IMAX®次世代レーザー」。独創のIMAX®テクノロジーが可能した最先端の映画体験がここにあります。

引用元:IMAX次世代レーザーとは?|109CINEMAS IMAX

この動画を見ると、IMAX次世代レーザーシアターができるまでの様子がよくわかります。6階建てのビルに相当する高さのスクリーンというから驚きです。

そもそもIMAXとはいつから始まったの?

アイマックスシステムはカナダ人のグレーム・ファーガソン、ローマン・クロイター、ロバート・カー、ウィリアム・ショーによって開発された。

1967年のモントリオール万国博覧会でクロイターもファーガソンもマルチスクリーン投影システムを使用したが、技術的に課題があったため、共同で「マルチスクリーン社」という会社を創業。結果として、紆余曲折の後ショーの開発したシングルスクリーンシステムに落ち着くことになった。その後大画面投影方式を導入するに至り、社名も「アイマックス社」と変更した。

引用元:IMAX|Wikipedia

そんな古くから歴史があったんですね。もっと最近の技術なのかと思っていました。

1970年、大阪で開催された日本万国博覧会において、富士グループ パビリオンにて世界初のアイマックス方式による作品「虎の仔(Tiger Child)」が上映された。

引用元:IMAX|Wikipedia

アイマックス方式の作品が世界初上映されたのが大阪の万博!!!そして45年ぶりに大阪万博の地にIMAXスクリーンが帰ってきたんですね!なんだか勝手に感慨深いです。

まとめ:やっぱり映画は大きいスクリーンで!

久しぶりにスクリーン(しかも超特大の!)で映画を観てその迫力に感動しました。やっぱり家で観るのとは違う体感になるなぁと感じました。映像もすごいんですけど音響がいいのが際立っていました。普通の映画料金よりプラスして払っても一度は体験すべきと思いました。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告