こたつの歴史について調べてみた

冬ですねー。日に日にこたつから出られなくなっています。日本の冬といえば、こたつが文化として定着していますが、一体いつ頃からなんでしょうか。気になったので調べてみました。

こたつの歴史

「こたつ」は、室町時代に囲炉裏の上に櫓を組み蒲団をかけたものに起源があります。囲炉裏を床より下にし、床と同じ高さに蒲団を置く上段との二段の櫓を組んだ、足を入れられるのが「掘りごたつ」です。さらに囲炉裏の周囲まで床より下げて、現在の掘りごたつのように座れる構造の「腰掛けこたつ」が出来ました。「大炬燵」と呼ばれて、江戸時代に大勢が入るこたつに使われました。

熱源として、木炭や炭団(のちに練炭、豆炭)などが用いられました。

江戸時代中期には、置きこたつが広まりました。熱源部分に囲炉裏ではなく火鉢を用いて、移動可能なこたつとなりました。

1909年(明治42年)、東京、上野にイギリス人陶芸家バーナード・リーチが正座が苦手なため自宅に作った掘りごたつが、住宅向け腰掛けこたつの最初と言われています。志賀直哉、里見弴が随筆の中で褒めたことが宣伝となって、昭和初期に全国的に広まりました。

電気こたつは大正後期に発売されましたが、家庭にはなかなか普及しませんでした。

赤外線を熱源とした電気こたつは、戦後になって横山良一の手により1956年に登場して主流になりました。1957年に「電気やぐらこたつ」を東芝が発売しました。熱源を机の裏面の場所に設置して足を伸ばせるようにしたものでした。

参考:炬燵|Wikipedia

海外のこたつ

こたつって日本だけの文化かと思っていたら、海外にもありました。

出典:イランの冬の風物詩コタツ!日本とイランの意外な共通点|黄金の国ジパング

イランの「コルシ」です。アフガニスタンやタジキスタンでは「サンダリ」と呼ばれているそうです。厚手の布が掛けてあってとってもあったかそうですね。

まとめ

こたつは室町時代から続く日本の冬には欠かせない暖房器具。家具と暖房器具が一緒になっているところが画期的だと思います。エアコンに比べて電気代を節約できるのも良いですね。家族で団欒するのにもこたつは最適です。こたつでうたた寝するのが気持ちよくて、ついつい寝てしまいます。こたつでお鍋をするのもいいんですよね。最近はこたつを置かない家も増えてきているそうなのですが、これから先もこたつ文化は続いていって欲しいなと思います。おしまい。

↑このこたつ今年買いました。丸くて可愛くて気に入ってます。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告