空飛ぶ乗り物に乗っている夢を見た話

夢を見ました。室内で二人乗りの空飛ぶ乗り物に乗って部屋の中をぐるぐる回っているんです。長い夢だったんですが、空飛ぶ乗り物に乗っているシーンが、起きてからも印象的で忘れられないのです。いつか、実現するんだろうか。遠い未来の話だと思っていた出来事も、技術の発展により実現できるところまで時代が追いついて来ているのを感じる今日この頃です。

実際のところ空飛ぶ乗り物ってどうなっているんだろう?と気になったので調べてみました。

ロシアの企業の空飛ぶバイク

ロシアのドローンメーカー「HOVER SURF」が開発中だという空飛ぶバイクの名は『Scorpion 3』だ。同社の情報によると、このマシンはドローン技術とオートバイの座席を組み合わせたユニークな乗り物なのだそう。

引用元:【恐怖マシン】プロペラむき出しの「空飛ぶバイク」がおそロシア|ロケットニュース24

確かにドローンと似ている!夢に出て来た空飛ぶ乗り物はこんな形じゃなかったけど(夢なんだから当たり前)近未来を感じさせる乗り物ですね。

水上飛行限定 大型ドローンKitty Hawk Flyer

こちらはアメリカの会社が開発した大型ドローンに人間が乗せられるタイプで水上飛行限定となっています。操縦するための免許は不要で、操作は簡単なため説明を受ければ誰でも操作可能なんだそうです。

Kitty Hawk公式サイト

開発中の空飛ぶ車

漫画やSF映画の中の世界だけだと思っていた空飛ぶ車は、現在世界中で開発中であることがわかりました。以下のサイトに詳しいです。

本当に実現する?開発中の「空飛ぶ車」10モデル|WIRED

日本国内で一人乗りヘリコプターを開発中の広島県の企業「ヒロボー」さんについて取材した記事 「空飛ぶ乗り物」をMade in Japanでーヒロボーー も大変興味深かったです。実現化に向けて動いている人たちの努力が実りますように。

まとめ

どんどん技術は発展していってるんだなぁとあらためて感じました。僕が知らないだけで、世界は進んでいってる。未来は遠くにあるものでなくて現在の延長線上にある。過去から現在にかけての先人たちの努力が積み重なって未来の成功が生まれる。当たり前のようでいて、知らずに過ごしていることが多すぎて、もっと世界の最新事情にも興味を持って、知識を深めたいと思いました。今回なんでかわからないけれど、夢に「空飛ぶ乗り物」が出て来て、詳しく知りたいと思ったことがきっかけで今日の記事を書きました。ちょっと怖いけれど、いつか空飛ぶ乗り物に乗る日は来るんだろうか、生きてるうちに。おしまい。

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告
レクタングル<大>広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル<大>広告